おぼうさんどっとこむ 評判 戒名の価格

戒名の価格は宗派や位でちがう

故人をお送りするときにつける戒名。

 

これは、

 

死後に成仏するようにと故人につけるようになった風習

 

です。

 

本来の意味は、

 

仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる名前

 

のことです。ということは、

 

故人が亡くなったことで新たに現世から仏教界に旅立つときの名前をつける

 

ということ。そしてそのときに、

 

より高い位でお送りしたい

 

と残された者が思うときは戒名の位を上げた命名をするということです。

 

でもおかしいですよね、名前の位だけで最初から差別されてしまうシステムって...

 

あの世でも成仏できるように...

亡き故人をしのび、せめてあの世でも良い世界で行けるように...

 

残された家族はそう考えますよね。

 

だから少しでも位の高い戒名をつけようとするのです。

 

ですが、

 

位の高い戒名はお金もかかる

 

のが相場であり伝統でもあります。

 

宗派によっては、戒名が500万円、1000万円というところもあります。

 

このような古いシキタリはいつまで続ければ良いのでしょうか?

 

 

古い型式に囚われない新しい読経スタイル>>