おぼうさんどっとこむ 評判 戒名のランク

戒名のランク

戒名とは、仏様の弟子になったことを示す名前のことです。

 

本来、仏の世界とは平等であるものです。

 

なので戒名も身分の上下にかかわらず『二文字』で表現されます。

 

ですが、実際にはこの戒名にもお金(お布施)によってランクづけがされています。

 

 

このお金による戒名のランク付けがされたのは江戸時代からです。

 

諸国の大名などが身分の低い者と同じ階級にならないように

 

とランク分けを初めたのがキッカケなんです。

 

この名残が現在にも残されて、

 

信士→居士→大居士、信女→大姉→清大姉→院号・院殿号

 

といった右肩上がりのランク付けとなりました。

 

もちろんこのランクにはすべてお金が絡んでいます。

 

そしてこの戒名は、基本的にお寺のお坊さんがつけます。

 

 

戒名のつけ方

 

これもまたお布施するお金によって違うのです。

 

ランク付けされた上記の文字を使って、故人の本名から字を取ってつけます。

 

ですから、お坊さんもあまり考えずにつけることができます。
考えるだけならあなたにも充分できます。

 

でもこの戒名をつけるだけで多額のお金がかかるシステムになっています。

 

お経をあげるときに高い位の戒名を読み上げると故人も救われる...

 

だから少しでも位の高い戒名にしてあげる。

 

ちょっと不思議な考え方ですよね。

 

 

生きていたときの罪は死後裁きにあう

 

って言います。

 

でも高い位の戒名をつければ罪が軽くなることなんてあるのでしょうか?

 

 

新しい考え方のお葬式>>