喪主を決める

喪主とは...

身内が亡くなったらお葬式をあげます。

 

このときお葬式を主催者として執り行うのが喪主です。

 

故人が結婚している場合は、その配偶者が喪主になります。

 

ですが、配偶者が高齢であったり、病気で療養中だったりする場合は、
故人の子どもが喪主になります。

 

基本的には長男が喪主を務めることは多いですね。

 

ですが、故人やその配偶者と同居して面倒をみている子どもがいる場合は、
その子が長男でなかったとしても喪主を務めます。

 

要は故人とより親しく過ごしていた人

 

という基準で喪主を選ぶということです。

 

なお、兄弟構成によっては
他家に嫁いでいる娘が喪主を務めるということももちろんあります。

 

 

喪主を決めるタイミング

 

喪主は葬儀全般の主催者ですから、早急に選定しなければなりません。

 

お通夜や告別式を決めるときに、同時に決めておきたいものです。

 

ですので決めるリミットとしては、

 

お通夜の段取り開始前まで

 

となるでしょう。

 

 

アマゾンのお坊さん便の評判>>